« 混成語の長さについて | トップページ | MacBook Pro (17-inch Early 2009) 蓄電池移植術 »

Nexus 7が SIM の認識にほぼ確実に失敗するので、その対策。

以前から、調子は悪かったのだけど、最近、Nexus 7 (2013) がほぼ確実に SIM の認識に失敗するようになったきた。

SIM を指し直し、再起動したり、SIM のスロットのあたりを指圧したり、いろいろすると SIM を認識したりしなかったり。

NAVITIME で電車の時刻を調べようと、Nexus 7 の電源を入れても、「SIMカードが挿入されていません。再起動」となり、再起動している間に、電車が来てしまう。仕方なく電車に乗って、やっと再起動しても、SIM が認識されずを繰り返しってなことで、イライラするは、時間がもったいないは、ということで、対策を探していた。


そんな中、AMAZON のタイムセールで、SIM フリーのスマホが目にとまった。WiFiテザリングやらBluetoothテザリングやらが気になり、調べてみると快適らしい。そこで、こいつをゲットした。


Covia SIMフリー スマートフォン 3G FLEAZ NEO

こいつに Nexus 7 から抜き取った SIM を移植し、スマホとしてではなく、モバイルルーターとして働いてもらうことにした。

SIM フリーのモバイルルータは、それなりの値段するみたいだし、いざとなったら、3G FLEAZ NEO 単体でも使えるので、便利かなと。

WiFi テザリングの方が Bluetooth テザリングより電力を消費するということのようで、Bluetooth テザリングを利用しようかと思う。

となると、Nexus 7 の方も LTE 対応(SIMを使うやつ)ではなく、単に WiFi なタブレットを手に入れれば、良いということになりそうだ。

仕事で Powerpoint や Keynote を使うために、iPad mini も持ち歩いているので、Nexus 7 は、やめにして、iPad mini だけ持ち歩くようにすれば、いいのかも。

Nexus 7 は、上着のポケットに無理をすれば入れられるが、iPad mini だとちょっと大きいし。

うーむ。

|

« 混成語の長さについて | トップページ | MacBook Pro (17-inch Early 2009) 蓄電池移植術 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11083/63017211

この記事へのトラックバック一覧です: Nexus 7が SIM の認識にほぼ確実に失敗するので、その対策。:

« 混成語の長さについて | トップページ | MacBook Pro (17-inch Early 2009) 蓄電池移植術 »