« 素数ものさし関連 Golomb ruler (ゴロム定規) | トップページ | Marvericks ログインパスワードを忘れた!どうしよう? »

Wormhole Switch JUC400

普通は、2台のパソコンを使う時、2台分のキーボードとマウスが必要だ。当たり前のことだか、机が狭かったりすると、この二組のキーボード+マウスがじゃまになる。

一組のキーボードとマウスで操作できたら、机の上が広く使えて便利。そのための Switcher と言われる装置を使うことになる。マウスのカーソルが画面の端に来たら、もう一台のパソコンの端からマウスのカーソルが現れるような仕組みの装置が以前からあった。

最近見つけた、j5create という会社の Wormhole Switch JUC400 というものは、2台のパソコンをUSB接続するだけで、キーボード・マウスが手軽に共有できる。

キーボード・マウスの共有だけではなく、クリップボードを共有して、2台のパソコンの間で、コピー&ペーストができる。さらに、ファイルを2台のパソコンの間でドラッグ&ドロップできる。

2台のパソコンは、Windows でも Mac でも構わないようだ。うちでは、マック間で試してみた。

対応 OS は、Windows 8/7/vista MacOSX 10.6/10.7/10.8/10.9

導入にちょっとだけ手間取ったので、以下メモ。

MacのUSB端子に JUC400 初めてつなぐと CD-ROM ドライブとして認識される。そのドライブの中に Wormhole のドライバーが入っているので、これをダブルクリックして、ドライバーをインストールする。その状態で、2台目のMacにケーブルの別の端をUSBにつなぐと一応使える。

「一応使える」というのは、ホットキー(初期設定は Alt+s)を使うとキーボード・マウスがホスト(元々つながっている方)からもう一台のマシンで使えるようになるということで、その他の機能(クリップボード共有とファイルのドラッグ&ドロップでの転送)が使えなかった。

あらかじめ両方の Mac で Wormhole Switch のドライバーをインストールしてから、お互いを接続しないといけないらしい。

どちらがホストとして認識されるのかもよくわからない。たぶん、j5create の刻印のある側に接続された方がホストになるということらしい。(もしかしたら、接続する順序かもしれない。)

というわけで、現在は、快適に使用している。

|

« 素数ものさし関連 Golomb ruler (ゴロム定規) | トップページ | Marvericks ログインパスワードを忘れた!どうしよう? »

MacOSX」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11083/59932844

この記事へのトラックバック一覧です: Wormhole Switch JUC400:

« 素数ものさし関連 Golomb ruler (ゴロム定規) | トップページ | Marvericks ログインパスワードを忘れた!どうしよう? »