« 2012年1月 | トップページ | 2012年7月 »

合駒。合と刻印してある駒、売ってれば良いのに。

最近、やっと3手詰がそれなりに解けるようになってきた。そこで次の段階は当然5手詰。

3手詰は、盤駒なしでもなんとかなるのだが、5手詰は、頭の中だけだとちょっと時間がかかる。

そこで、盤駒の出番なのだが、ちょっと思いついたことがある。それは、合駒のことだ。合駒がどれに限定されるケース(限定合)のこともある訳だが、どれでもよいこともある。

で、差し当たって何かの駒で合駒する。普通は、まず、一番安い「歩」で合駒してみることになる。この時、駒に「歩」と書いてあることが、思考の邪魔になる。そこで、余っていた「金」を裏返しにして、置いてみた。これは、なかなか良い。何も書いていないから、まず、「歩だったらどうだろう、香車なら、...」という具合に考えやすくなった。

そこで、さらに、思いついた。そもそも、金や王の裏に「合」と書いてある(彫ってある、盛ってある)駒は売ってないものだろうか?

というか、詰将棋用にそもそも表に「合」と刻印してある駒をおまけで入れておいては、もらえないだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ためし

sfen(lnsgkgsnl/1r5b1/ppppppppp/9/9/9/PPPPPPPPP/1B5R1/LNSGKGSNL b - 1)

sfen(lnsgkgsnl/9/ppppppppp/9/9/9/PPPPPPPPP/1B5R1/LNSGKGSNL w - 1)

sfen(7r1/6B1p/6Bsk/9/7P1/9/9/9/9 B 2S)

続きを読む "ためし"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年7月 »