« Kindle で sleep mode に移行しないようにする方法? | トップページ | iPod Touch のカレンダーアプリで Google Calendar と同期する。 »

Kindle の Wi-Fi 接続。"name"@free.kindle.com でファイル転送。

Kindle を Wi-Fi 経由で接続すると、 "name"@free.kindle.com 宛に送った添付ファイルが、料金がかからずに Kindle に転送されてくる。これは、すてきだ。

従来の Kindle では、 "name"@free.kindle.com 宛に送ったファイルは、その Kindle の持ち主のメールアドレスに送られていた。そのファイルを USB 経由で転送する仕組みになっていた。

Wi-Fi が使える 3rd generation の Kindle では、 free.kindle.com 宛に送れば、 Wi-Fi 経由で(つまり、無線で)転送される。もちろん、従来通り、USB経由で転送することも可能だ。

ちなみに、転送可能なファイルの形式は、コチラにも書いてあるのだが、以下の通り。

unprotected Microsoft Word, PDF, HTML, TXT, RTF, JPEG, GIF, PNG, BMP, PRC and MOBI

ちょっとしたメモとか google docs でこしらえておいて、これを、PDF や Word のファイルとして、メールに添付して送れば良い。

google docs では、左の上の方に「共有」というボタン(?)があるので、これを使う。この「共有」ボタンでは、HTML や オープンドキュメント(OpenOffice の形式か?), PDF, RTF, plain text, Microsoft Word の形式で添付できる。このうち、オープンドキュメントの形式は、Kindleでサポートしていないから、Kindle宛に送ってもしょうがない。でも、なぜか html にして添付すると画像が失われてしまう。

PDF, RTF, Microsoft Word の形式では、Kindle の形式に変換されて、問題なく、Kindle で読めた。

ちなみに、PDF は、単に添付すると PDF のまま転送される。件名に Convert と書いておけば、Kindle な形式に変換される。

MacOSX では、印刷できるものは、なんでも PDF の形式に出力できる。その上、印刷(プリント)のダイアログで、PDFをメールすることもできる。(Mail.app の設定をしておく必要はある。)

これで、印刷できるものは、なんでも、"name"@free.kindle.com 宛に送っておけば、大丈夫。

どっか出かけるといっては、地図を印刷したり、ネットサーフィンしていて、見つけた記事を印刷したり、していたのが、これで、全部、Kindle 宛に送っておけば、紙の節約になる。

Kindle に送らずに、Evernote に貯めておくという方が、いろんな端末から参照できるという意味で良いのかもしれない。

|

« Kindle で sleep mode に移行しないようにする方法? | トップページ | iPod Touch のカレンダーアプリで Google Calendar と同期する。 »

Kindle」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11083/49614009

この記事へのトラックバック一覧です: Kindle の Wi-Fi 接続。"name"@free.kindle.com でファイル転送。:

« Kindle で sleep mode に移行しないようにする方法? | トップページ | iPod Touch のカレンダーアプリで Google Calendar と同期する。 »