« PC-Z1, たぶん、これ買います。 | トップページ | SmartQ 5 の ファームウエア (OS) を入れ替えてみた。 »

MacOSX: Automator で辞書引き

MacPeople の 2009年10月号の「Mac OS X 基礎講座」で Automator を取り上げていた。いろいろ書いてあったが、特に辞書引きについて、ちょっとメモしておく。

Mac OS X には、いろいろ便利なソフトがついてくる。その意味でとっても安いと思う。

例えば、辞書.app。New Oxford American Dictionary、Oxford American Writer's Thesaurus、プログレッシブ英和・和英辞典、大辞泉、類語例解辞典、Apple用語辞典の他、ネットにつながっていれば、Wikipedia も検索できる。これらの辞書は、Spotlight からも引けるので、なんか単語が調べたくなったら、Spotlight メニューのショートカットキー(ディフォルトではControl+スペースキー)を使って、辞書にアクセスできる。また、アプリケーションにもよるが、辞書のショートカットキー(Control+Command+D)が使えることもある。

というわけで、この辞書.app は、これだけで十分便利なのだが、Automator を組み合わせて使うと、さらに便利かも。

Automator 繰り返しの多い定型の作業を自動化するためのソフト。Automator では、定形作業を「アクション」と呼ばれる細かいステップに分け、アクションを組み合わせて、「ワークフロー」と呼ばれる定型作業を作成する。

「Mac OS X 基礎講座」では、Automator を用いて、「辞書で検索した言葉の意味を自動でテキスト化」する方法が書いてあった。これは、単語の入力を求めるダイアログを表示して、「単語の定義を獲得」し、さらに「クリップボードにコピー」した上で、「新規テキストエディット書類」を作成、そして、コピーしてある単語の定義を貼付けるというもの。この新規このワークフローをアプリケーションとして保存しておけば、辞書を引いて、単語の定義を調べ、その結果をテキストエディット書類として保存できるというわけ。詳しいことは記事を見てほしい。

上のワークフロー、確かに便利なのだが、単語を調べるたびに新規の文書ができてしまうというのがちょっと難点。さらに、いうと、できれば、単語をリストしておいて、次々に自動的に辞書引きしてほしい。そこで、そういうワークフローをなんとか作ってみた。

まず、準備、二つ。

単語を一行に一語ずつ書きこんだテキストエディット書類を用意し、適当な名前を付け、一行目の先頭にカーソルを置いておく。また、(記号が文字化けしないように)リッチテキストにしておく。最後の行は改行だけにしておく。
辞書.app を起動しておく。

次のようなワークフローを準備。

「操作を記録」アクション
(記録する操作は、次の通り。先ほど用意したテキストエディット書類をクリックして手前に表示、Command+←(行頭に移動)、Command+Shift+→(行末まで選択)、Command+C(コピー)、→(次の行に移動))

「クリップボードの内容を確保」アクション

「操作を記録」アクション
(記録する操作は、次の通り。先ほど用意した辞書.appのウインドウをクリックして手前に表示、Command+V(ペースト)、リターンキー、TABを必要回数、Command+A(すべてを選択)、Command+C(コピー))

「操作を記録」アクション
(記録する操作は、次の通り。先ほど用意したテキストエディット書類をクリックして手前に表示、Command+V(ペースト))

「ループ」アクション
ループの設定は、「ループして自動的に停止」「xx回後に自動的に停止」(xxは、先ほど用意したテキストエディット書類の行数、つまり、調べる予定の語数。できれば、語数も自動的に判定したい。どうしよう?)。


って感じだ。

ちょっとハマったところを記録しておく。

まず、「操作を記録」する際のマウスのクリック。これは、位置で記録されるようなので、このワークフローを再利用する時には、テキストエディットのウインドウと辞書のウインドウを、「操作を記録」した時とできるだけ同じ場所に置いておく必要があるようだ。

これには、改善策が見つかった。できるだけ、マウスを使わないようにすれば、良いだろうと思い、Command+TAB(アプリケーションスイッチャーを起動)して、そこで辞書のアイコン(ボタン)をクリックすれば、良いようだ。「操作を記録」には、「辞書ボタンをクリック」と記録されようだ。


次は、辞書の内容をペーストする際に一旦「クリップボードにコピー」というアクションを通してから、ペーストしていたのだが、これが良くなかった。辞書の内容をコピーした段階で、クリップボードに格納されているはずなので、これをペーストすれば、いいだけだった。

もう一つ、Finder の Plugin にしてみようと、いろいろやってみたのだが、ダメだった。単語のリストをファイルにして、セーブしておき、Finder のコンテキストメニューから、ワークフローを起動してみようと思ったのだ。しかしながら、「Finder項目を開く」アクションでファイルを開くと、なぜか、クリップボードに開いたファイルのパス情報が格納されてしまい、さらに、その後、コピーしたテキストが、クリップボード内の情報にアペンドされるような感じになったしまう。なぜだろう、なぜかしら。というより、何がおこっているのか今ひとつ把握できない。

|

« PC-Z1, たぶん、これ買います。 | トップページ | SmartQ 5 の ファームウエア (OS) を入れ替えてみた。 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11083/46161294

この記事へのトラックバック一覧です: MacOSX: Automator で辞書引き:

« PC-Z1, たぶん、これ買います。 | トップページ | SmartQ 5 の ファームウエア (OS) を入れ替えてみた。 »