« iDeneb を eee pc 701sd-x の内蔵SSDにインストール | トップページ | iDeneb: eee pc 701sd-x は、画面が狭すぎ。USBサブモニターを入手。 »

iDeneb と Windows XP を eee pc 701sd-x の内蔵SSD でデュアルブート。

比較的簡単に デュアルブート化ができた。

手順としては、次の通り。

用意したものは、換装用のSSD、eee pc 901-16G 専用 SSD & USB2.0外付けケース(SHD-ES9M32G-UC)

(1) まず、元の内蔵SSDからWinXPを吸い出した。吸い出しには、Acronis True Image LE (何だったかHDDのおまけについていたものだったはず。)を使った。このツールが便利なのは、HDDのドライブまたはパーティションをOSを含め丸ごとバックアップでき、そのバックアップを別のHDDに丸ごと復元できる点。復元する際HDDの容量が異なっていてもOKなので、さらに便利だ。

(2) 次に SSD を 32GB のものに換装。eee pc 901-16G 専用 SSD & USB2.0外付けケース(SHD-ES9M32G-UC)のものを使った。これは、901-16G 専用となってはいるが、701sd-x でも問題なく使えている。

(3) 次に換装したSSD にもとの WinXP を True Image LE で復元。その際にXP用のパーティションを全体の半分(15GB)くらいにした。

(4) XP を復元した SSD を SHD-ES9M32G-UC に付属のケースに入れる。すると、SSD が USBHDD として使える。

(5) このUSBHDD化した SSD の残りの部分を一度 XP でパーティションを確保して、フォーマットしておく。一応、NTFS にしてみた。このおまじないをしておかないと、iDeneb のディスクユーティリティーから見えない。あとで、インストールの際に、Mac OS 拡張 (ジャーナリング) にフォーマットしなおすことになる。

(6) あとは、このUSBHDD化したSSDを母艦のPCにつなぎ、iDeneb 1.4 をインストールする。インストール方法などについては、既に書いてある通り。

(7) インストールが済んだら、701sd-x のおなかの中に戻し、ブートする。すると、iDeneb がブートし始めるので、適当なキーを叩くと、どちらのパーティションから起動するか選べる。

ということで、無事デュアルブート化できた。

|

« iDeneb を eee pc 701sd-x の内蔵SSDにインストール | トップページ | iDeneb: eee pc 701sd-x は、画面が狭すぎ。USBサブモニターを入手。 »

iDeneb」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11083/45112181

この記事へのトラックバック一覧です: iDeneb と Windows XP を eee pc 701sd-x の内蔵SSD でデュアルブート。:

« iDeneb を eee pc 701sd-x の内蔵SSDにインストール | トップページ | iDeneb: eee pc 701sd-x は、画面が狭すぎ。USBサブモニターを入手。 »