« パソコントラブル:メモリーが緩んでただけか? | トップページ | 日本語キーボードのノートPCでBluetoothの英語をキーボード使う。 »

砂浜で見つかるプラスチックの粒

砂浜で見つかるプラスチックの粒で環境汚染を監視する試みがある。

プラスチックの原材料である「レジンペレット」運ばれている途中に環境に漏れ出し、それが砂浜まで流れていくわけ。プラスチックには、油に溶けやすい成分であるPCBなどが溶け込んでいるので、これを分析することで、環境の汚染の度合いを調べようというのだ。

レジンペレットというのは、下の画像のようなもの。

海水だと10リットルのサンプルが必要なところをレジンペレットなら5粒でいいらしい。

東京農工大学の高田秀重教授は、レジンペレットを集めて分析するプロジェクトを立ち上げている。高田教授は、ペレットを見つけたら、200粒ほど送ってほしいと呼びかけています。

詳しくは、International Pellet Watchの記事を見てほしい。

|

« パソコントラブル:メモリーが緩んでただけか? | トップページ | 日本語キーボードのノートPCでBluetoothの英語をキーボード使う。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 砂浜で見つかるプラスチックの粒:

« パソコントラブル:メモリーが緩んでただけか? | トップページ | 日本語キーボードのノートPCでBluetoothの英語をキーボード使う。 »