« AdESのキーロック。 | トップページ | Autohotkey で日付を入れたり »

WAになっておどろう

むすこの保育園で、訳あってV6の「WAになっておどろう」を保護者がみんなで歌う企画が進んでいる。

で、子供たちも練習というか口遊んだりしている。ここにも minimal word effect を見つけた。
あまり短い単語は、自然言語の単語としてはありえないということ。
「わ」(輪)という語は、1音節で1モーラ。これは、短すぎるわけだ。
で、子供たち(3歳児あたり)は、「輪になっておどろう」を「ワニ、なっておどろう」と
解析してしまう。日本語では、よく助詞が落ちるから、例えば、「ウサギさん(の役)になって」の意味で「うさぎさんなって」のような言い方ができるということを踏まえれば、「わになって」を「輪になって」ではなく、「ワニ、なって」と考えるのは、無理なことではない。

類例で、有名なのは、「かにさされた」(蚊に刺された)と言うべきところを「かににさされた」と言うとか、「血が出た」を「ちががでた」と言ったりするということがある。


|

« AdESのキーロック。 | トップページ | Autohotkey で日付を入れたり »

育児」カテゴリの記事

言語学関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11083/40167786

この記事へのトラックバック一覧です: WAになっておどろう:

« AdESのキーロック。 | トップページ | Autohotkey で日付を入れたり »