« Autohotkey の活用の例、なまず日記 | トップページ | シンプルな栓抜き »

Frogpad (というか、英語キーボード)で日本語入力

だいぶ前に、「Frogpad で日本語入力」というエントリーを書いた。

IMEを切り替えるためのキーとして shift + enter に設定するアイデアを紹介した。その時は、IMEのプロパティー使って設定するやり方を示した。

しかし、そのやり方だと自分が使うすべてのマシンでこの設定を一々行うのは結構な手間だ。

で、AHK (Autohotkey)の出番だ。

スクリプトのどっかに下の一行を忍ばせておけばよい。 sc029 は、[漢字]キーだ。

shift & enter::send {sc029}

その上でそのスクリプトをAHK2EXE で実行ファイルにして USB メモリーにでも入れて、持ち歩き、必要に応じて実行すれば、OKってわけだ。

実は、英語キーボードじゃなく、ちゃんと[漢字]キーがあるようなキーボードでも、つい、Shift + Enter を押してしまうので、その対策だ。

|

« Autohotkey の活用の例、なまず日記 | トップページ | シンプルな栓抜き »

キーボード関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11083/17408870

この記事へのトラックバック一覧です: Frogpad (というか、英語キーボード)で日本語入力:

« Autohotkey の活用の例、なまず日記 | トップページ | シンプルな栓抜き »