« 超小型 Bluetooth アダプタを持ち運ぶ際の工夫。 | トップページ | Soft Frogpad 計画 »

超小型 Bluetooth アダプタを持ち運ぶ際の工夫、その2

おととい
「プリンストンテクノロジー Bluetooth USB アダプター PTM-UBT3S」やら
「PLANEX Bluetooth Ver2.0+EDR対応 Microサイズ USBアダプタ「BT-MicroEDR」 」やら
をどう運ぶかということを書いた。実は、その下調べをしている中で、PLANEX Bluetooth Ver2.0+EDR対応 Microサイズ USBアダプタ 「BT-MicroEDR2」 ISBN B000YHUR0M
というものを見つけた。名前が示す通り、PLANEX の「BT-MicroEDR」の後継機。たぶん、おそらく、中身は、同じ。大きな(というより、小さなというべきかも)変更点は、その形状。

BT-MicroEDRでは、両脇にちょっとした突起が出ていた。これは、この小さいアダプタをパソコンなどに挿した場合に、抜きやすくするための工夫と思われる。しかし、これ、尖った形状をしていて、場合によっては、手に怪我をしてしまうことがあるらしい。、BT-MicroEDR2では、この突起はなくなっただけではなく、角に丸みを付けてある。それだけではない。持ち運びを楽にし、また、紛失を防ぐために、ストラップを取り付けるための取付口がついている。

「これは、便利。」と思った瞬間、アマゾンでポチッっとしていた。

で、その際、いっしょに、ELECOM USBメモリキャップ CUS-06CBKISBN B000JCEQWWというものも購入。

これを使って、ws011sh アドエスに付けてみることにした。ちょっとした工夫をした。BT-MicroEDR2 のストラップ取付口にストラップを通しておいて、それを更に、アドエスのストラップ取付口にクルっとくっつけた。文章ではうまく説明ができないので、下の写真を見てほしい。

写真でもあまりうまく取れていないので、よく分らないかも?

|

« 超小型 Bluetooth アダプタを持ち運ぶ際の工夫。 | トップページ | Soft Frogpad 計画 »

モバイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11083/17246721

この記事へのトラックバック一覧です: 超小型 Bluetooth アダプタを持ち運ぶ際の工夫、その2:

« 超小型 Bluetooth アダプタを持ち運ぶ際の工夫。 | トップページ | Soft Frogpad 計画 »