« eZula.WebOffer | トップページ | MS-IME のローマ字設定を楽にする perl のスクリプト/IME-AZIK - KemaSoft »

Frogpad で日本語入力その後

先日「Frogpad で日本語入力」という記事を書いたがその続き。

ローマ字設定も変えると少し幸せになるようだってことです。

できるだけ Space キーと組み合わせて打つキーを打たずにすませるようなローマ字の設定を考えてみることに。

Spaceなしで打てるキーは、次の通り。
P W R A F
D T H E O
Y S N I U

Spaceキーと組み合わせるキーは、次の通り。
J M B ' TAB
V C L Z Q
X G K

なので、「あさただなはぱやらわ」の各行は、直音も拗音も、問題なく打てる。
しかし、「かがざばま」の各行は、Space キーを使う必要があるわけだ。しかし、これは、結構大変。

そこで次のような方針で、ローマ字設定を変更してみようとしている。(一部未設定)

「ファ」などは犠牲にすることになるが、f を k の代わりにする。
つまり、fa fi fu fe fo で、かきくけこと入力する。

濁音行は、d で始まるように設定する。(だ行はそのまま)
dfa dfi dfu dfe dfo dfya dfyu dfyo がぎぐげごぎゃぎゅぎょ
dsa dsi dsu dse dso ざじずぜぞじゃじゅじょ
dha dhi dhu dhe dho ばびぶべぼびゃびゅびょ

わ行とま行の問題。M が W の「裏」にあるのでま行が打ちにくい。
若干不統一だが、下のように解決してみる。
wwa wi wu we wwo wya wyu wyo まみむめもみゃみゅみょ
wa wo わを (つまり、そのまま)

これで、一応、Space キーと組み合わせることなく、大体のひらがなが打てるようになる。

さて、もう一つ日本語を入力する上で問題になってくるのが、「ー」(長音記号)。これを入力するには、Symbol キー、- (ハイフン)、Symbol と3ストローク必要だ。しかし、これは、ローマ字設定のダイアログからは設定できない。いろいろ調べたら、レジストリをいじれば何とかなりそうだということが分かり、現在は、hh に設定してみている。

レジストリをいじる時は、よくよく注意してほしい。

|

« eZula.WebOffer | トップページ | MS-IME のローマ字設定を楽にする perl のスクリプト/IME-AZIK - KemaSoft »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11083/5980655

この記事へのトラックバック一覧です: Frogpad で日本語入力その後:

« eZula.WebOffer | トップページ | MS-IME のローマ字設定を楽にする perl のスクリプト/IME-AZIK - KemaSoft »