« メモ ブリッジ接続 | トップページ | メモ IME 日本語入力システムの使い方:インストラクターのネタ帳 »

Frogpad で日本語入力

Windows標準のIMEを使用する場合日本語キーボードなら日本語/英語の切り替えは半角/全角キーで良い。しかし英語キーボードの場合このキーがないのが通常は[Alt]+[`]で代用できるようだ。

FrogPadでもこのキーコンビネーションを使えばIMEを切り替えることができるのだが、これは恐ろしく面倒。手順は次の通り。

(1) オレンジキー(Number)を押しながらHのキー(Alt)を押す。
(2) Symbolを押す。
(3) グリーンキー(Space)を押しながらU(`)を押す。

これで一応切り替わるのだが、このままだと Symbol mode のままだし Alt も active なままなので、さらに次の手順が必要。

(4) Symbol を押す。
(5) オレンジキー(Number)を押しながらHのキー(Alt)を押す。

なんと5ストロークものキー操作がひつようになる。これはかなり面倒だ。

ネットで調べてみると、 TrayIME やら AltIME やらの力を借りるという解決法を使っている方がいるようだ。

しかし、Windows の Microsoft IME Standard では IME on/off 用のキーを変更できる。[Microsoft IME スタンダードのプロパティー]-[全般]タブ-[設定]ボタンで設定ができる。

ちなみ私は、さしあたり Shift+Enter にしてみた。なかなか快適である。

|

« メモ ブリッジ接続 | トップページ | メモ IME 日本語入力システムの使い方:インストラクターのネタ帳 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11083/5934851

この記事へのトラックバック一覧です: Frogpad で日本語入力:

« メモ ブリッジ接続 | トップページ | メモ IME 日本語入力システムの使い方:インストラクターのネタ帳 »