« CF-A77 の解体、分解、腑分け。 | トップページ | エプソンダイレクトという会社は、太っ腹。 »

自宅のデスクトップ機 Opera Piccolo 故障かと思ったら、ファンが大変なことに。とほほ。で、治療完了。

Quixun という会社が出している Opera Piccolo という省スペースパソコンを自宅で使っている。最近、なんだか調子が悪いなーと思っていたら、今日は、勝手に電源が落ちたり、再起動したりで、いよいよ故障かと思った。CPU のファンの音かうるさかったり、そもそも、起動時にファンが回らず、手動(つっついたり、勢い良く息を吹きかけたり)で回るきっかけをつくらなきゃいけなかったり。

で、念のためにケースを開けてみた。あらら、ファンから吸い込んだ埃がヒートシンクにびっしり。まるで毛布でヒートシンクを覆ったような(大げさ)ようす。これじゃあ、ファンも回らないよねって感じだった。で、こいつを取り除いて起動してみたら、あらら、ファンの風きり音は、静かになり、マシンのスピードも上がったような。つまり、熱暴走していたようらだ。

マシンは、「暑いよー」といいながら一生懸命働いていたようだが、その声をちゃんと聞くことができなかったということ。

うーむ。静かだ。

と、いうことで、一件落着したかと思われたが、まだ、調子が悪い。しばらくの間、ヒートシンク目詰まり状態だったので、そちらこちらにガタがきてしまったのかもしれない。IEでネットサーフィンしていると不意に落ちてしまうことがまだある。


しかし、ファンの音は静かになった。

|

« CF-A77 の解体、分解、腑分け。 | トップページ | エプソンダイレクトという会社は、太っ腹。 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11083/3350918

この記事へのトラックバック一覧です: 自宅のデスクトップ機 Opera Piccolo 故障かと思ったら、ファンが大変なことに。とほほ。で、治療完了。:

« CF-A77 の解体、分解、腑分け。 | トップページ | エプソンダイレクトという会社は、太っ腹。 »