« 全国大阪弁普及協会 | トップページ | CF-A77 の解体、分解、腑分け。 »

Intel の Centrino っていうのは、center と neutrino の混成語 (blending) だということだ。

Intel のサイトに書いてあった。

Intel? Centrino™ mobile technology - Origin of "Centrino" name

ちなみに、neutrino は、下のサイトによれば、1934年に Enrico Fermi がこしらえた単語らしい。イタリア語で little neutral one という意味らしい。

What's a Neutrino?

さて、この単語が混成語だとすると、音韻的長さと音韻的切れ間が問題になる。音韻的長さとしては、centrino と neutrino は、音節で数えると同じ。ということで、この点は混成語として普通。ついでに、切れ目だが cen.trino と考えるのが普通であろう。つまり、 cen.ter と neu.trino ということだ。これはこれで、置き換えられている cen と neu は、音節を構成していると考えるのが普通。ことになるので、もしそうなら、この点も普通。

|

« 全国大阪弁普及協会 | トップページ | CF-A77 の解体、分解、腑分け。 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

言語学関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11083/3226900

この記事へのトラックバック一覧です: Intel の Centrino っていうのは、center と neutrino の混成語 (blending) だということだ。:

« 全国大阪弁普及協会 | トップページ | CF-A77 の解体、分解、腑分け。 »