« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

SL-C860 用の外部電源として使えそうなもの。I-O DATA の BT-5V

I-O DATA からBT-5Vという製品が売り出されるらしい。こいつは、「市販品(別売)」のニッケル水素充電池(4本または8本)を使って、5VのDC電源として使えるというもの。売り出されていないのでまだ試していないが、多分、SL-C860でも使える感じ。

しかし、この製品、メーカー希望小売価格(税別)ということで、ささか高価すぎるように思う。たとえば、MyBattery PROという製品があるが、こいつは、Li-ion 充電池込みで、実売8,000円程度。容量は、31Wh (7.2V で 4400mAh)だと言う言うこと。2300mAh のニッケル水素充電池11本分ということらしいので、BT-5V に充電池を入れた場合を大きく超える。

重さだって、My Battery Pro は、250グラムに対し、BT-5V は、本体だけで、すでに120グラム、ニッケル水素の単三の電池は、1本30グラムぐらいらしい。だから、電池8本なら、それだけですでに My Battery Pro と同じくらいの重さだ。

うーむ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DocuPen R-700 届いた。

2004-11-09に DocuPen の R-700 という充電式の新しいモデルについて書いた。ひそかにオーダーしていたのだが、届いた。ちょっと使ってみた。失敗せずにスキャンできるようになるには練習が必要であるようだ。さらに、使えるパソコンは、すべてUSB1.1なのだが、それだと物凄く転送に時間がかかる。ってなことに気がついた。詳しいことは、また別の機会に書くことに。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

SL-C860 にも使えるらしい。

製品情報 MyBattery PROという製品がある。こいつを外部電源に出来るということのようだ。私自身は試してない。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

Linux Zaurus SL-C860 の電源 オートパワーオフをオフ

自宅にいるときは、大抵、C860 に telnet して、emacs してるもんだから、勝手に電源が落ちると困る。で、オートパワーオフをオフにする方法。下のリンク、メモメモ。

はてなダイアリー - あんちぇいん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

qpe-embeddedkonsole と screen との組み合わせで文字化け

qpe-embeddedkonsole-jp ワイド版でもopie emebeddedkonsole-jpでも、screen と合わせて使うと文字化けする。で、下にあるものをインストールしてみた。
Uploader

いまのところ特に問題は起こっていない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SL-C3000 は、USBホストとして使えるだしい。

ISBN B0006BLIMMSL-C3000だけど、下に記事にそんなことが書いてある。USB キーボードやらUSBメモリやらがそのまま使えるらしい。すごすぎる。

SL-C3000USBkeybooard

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Ueno's Wiki - LinuxZaurus/カスタムEmbeddedKonsole - カスタムパレットを使用可能にしたEmbeddedKonsoleのビルド

Zaurus SL-C860 用に qpe-embeddedkonsole-ja を使っていたのだが、これの配色が、確かに見難い(視認性が低い)。で、配色を変更できるようにしたものが下のサイトで発表されている。確かに、これは便利。

Ueno's Wiki - LinuxZaurus/カスタムEmbeddedKonsole - カスタムパレットを使用可能にしたEmbeddedKonsoleのビルド

しかしながら、仮想ターミナル (ターミナルマルチプレクサー) screen との組み合わせで文字が化ける。とほほ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

健太、保育園ではオマルにおしっこするらしい。

そろそろ、2歳。そろそろ、家にもオマルがいるか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Doulos SIL Font Home

Windows 上で発音記号を使う時は、SIL IPA 93 ってやつを使っていたのだが、もっと高性能のフォントが出来てるようだ。Doulos SIL Font という名前のフォントでこいつを Office2003 あたりと一緒に使うと幸せになれるような感じ。詳しくは、下のリンクをたどってみてほしい。

Doulos SIL Font Home

うーむ、勉強しなきゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マトリックス・アルティメット・コレクション 〈10枚組〉

ISBN B00069YIH6

『マトリックス・アルティメット・コレクション 〈10枚組〉 』だそうだ。うーむ。一作目は、DVDが出始めたころのものなので画質が悪いらしいので、こいつを買ってきれいな映像で見るってのは、「あり」だということ。2作目3作目やらは、画質的には問題ないし、他の特典やらがほしくなければ、この値段は高いのかも?

まあ、自分へのクリスマスプレゼントだと思えば、いいのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

DocuPen Handheld Scanner and Portable Scanner に Rechargable なモデルが出たようだ。

picture of DocuPen
DocuPen Handheld Scanner and Portable Scanner

上のスキャナについて、2004.06.01に書いた。そいつの後継機種として、下のモデルが出たようだ。

picture of DocuPen
DocuPen Handheld Scanner and Portable Scanner R-700

こいつは、Lithium ion Rechargable Battery が内蔵されており、かつ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

SL-C860 Zaurus でキーボードを使う方法、もしくは、Linux Zaurus に telnet

ISBN B00011KNYQSL-C860 (以下、Zaurus) のキーボード、やっぱりパソコンのそれに比べれば打ちにくい。で、どうにか Zaurus をキーボードで操作したいって場合にどうするか。某赤外線キーボードがつながるとか某赤外線キーボードアダプタが使えるとか、USBキーボードを使うとかいろいろな方法が考案されているが、一番手軽(?)なのが、Zaurus 側で telnetd を起動して、パソコンから有線のLANなり無線のLANなりUSB経由のネットワーク接続経由なりで telnet してしまうのがよろしいでしょう。あ、emacs とか端末で動くものの場合はってことで。

telnetd の設定の仕方とかアクセスの制限の仕方とか簡単に調べがつくと思うので敢えて書かないことに。

ただ、単に telnet すると、素のシェルが立ち上がるので、.profile を適当に書かないといけない。特に
TZ を設定しないと時刻がずれるので注意というところか。emacs で display-time して驚いたもんで。

Zaurus 用の VNC とかでパソコンから VNC すると普通のソフトも使えるようだ。これもありか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HandEra ネタを連発で。新しいOSだそうだ。

OS4.1 build 922, dated 20 September 2002 というものがあるらしい。っていうか、入手した。試していない。Bluetooth に対応したらしい。一応、今使ってるPHSは、Bluetooth 対応のDocomoの633Sだから、試してみたい気もするが、CFかSDなBluetoothカード買わなきゃいけないし。うーむ。投資するだけの価値ないよね。

しかし、つぶれた会社なのにOSのアップデートだけは、細々と続いているってどういうことなのか?元社員が趣味としてやっているのかね?そのうち復活するのかな?

今じゃ、ザウルス (SL-C860)一点張りだからね。emacs + howm があれば、大丈夫っていうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PalmOS機 HandEra で走るハイレゾ対応の落書き帳 Vpad 1.72b

うーむ。ロシア語だけど、いい感じ。

Vpad 1.72b

どうせ、HandEra 使ってないんだから、こういうアプリ入れて、健太に触らせたら楽しいのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Mail Forwarding Service

こういうサービスを発見。アメリカ国内にしか発送しない通販のサイトからでも、このサービスを使えば、品物が買えるというのことのようだ。すばらしいかも。

Have Your Very Own U.S. Mailing Address - From Anywhere in the World!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ノイズキャンセルヘッドホンのおまけがついてくる MP3/WMA/WAV プレーヤー

ノイズキャンセルヘッドホンというのは、周囲のノイズを打ち消すような仕組みを備えたヘッドホンのこと。ノイズキャン背リングヘッドフォンということも。パソコンの排気用のファンの音などが気にならなくなる。

ソニーの MDR-NC11 というやつを使っていたのだが、これは、私の場合、かなりだめ。こいつは「密閉型インナーイヤータイプ」。耳にぎゅっと耳栓のように押し込むタイプだ。だから、そもそも、単にこいつを耳に入れただけでかなり外部の音は聞こえなくなる。しかし、この耳栓のような構造があだなのだ。耳栓にケーブルがついているようなものなので、ケーブルになにか触れたりすると「ボコボコ」と気持ちの悪い音がする。あまり動かないような状況の場合なら、効果は絶大。しかし、歩いたり、キーボードを打ったりするような場合は、かなり気持ちが悪い。(こいつを装着して歩いたりしない方がよい。なにしろ、外部の音があまり聞こえなくなるから、背後から迫る車やバイクなどに気がつくのが遅れる。)

この MDR-NC11 は、製造が終わったようで、その後継機が MDR-NC11A という型番で発売されるようだ。(今日現在、Sony のサイトでは「近日発売」と書かれているが、私は、某所で見かけた。)こいつには航空機用プラグアダプタというものがついている。飛行機に持ち込んであのノイズを軽減できるので、音楽を聴くというより、寝るための高価な耳栓として使うのがよろしいかも。

Amazon.co.jp エレクトロニクス でも扱っているので、興味のある方はどうぞ。下に三色それぞれの映像を貼り付けておくので参考まで。

ISBN B000652P7KISBN B000652P7AISBN B000652P7U

さて、Amazon.co.jp エレクトロニクスをぶらぶらしてたら、クリエーティブ・メディア の Creative NOMAD MuVo2 4GB ホワイトとブラックが「ノイズキャンセルヘッドフォン付 プレミアムパッケージ」ということで、売られているのに気がついた。価格は、 ¥24,800 (税込)。現在、Amazon.co.jp エレクトロニクスでは「エレクトロニクスストアAmazonギフト券「最大20%」還元プログラム」というキャンペーンを実施中で、この製品の場合、3000円が戻ってくるので、実質、21,800円ということになる。詳しくは、こちら。下にホワイトとブラックそれぞれの映像を貼り付けて置くので、参考まで。

ISBN B0002MV50UISBN B0002MV50K

ちなみに下のケーブルを使うと、USBポートから充電できる(らしい(私は、使ってないので未確認))。Linux Zaurus (SL-C860 など)も充電できたりするらしい(同様に未確認)。

ISBN B0001006ZI

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »