« 都立新大学構想 開かれた協議体制を--4大学の教員代表者が声明 /東京 | トップページ | emacs の M-x calendar で日本の祝祭日を。 »

書籍紹介『生成文法の企て』

福井直樹氏による「訳者による序説」がなかなかすばらしい。

『生成文法の企て』
『生成文法の企て』


ノーム・チョムスキー (著), 福井 直樹 (翻訳), 辻子 美保子 (翻訳)

単行本: 399 p ; サイズ(cm): 20

出版社: 岩波書店 ; ISBN: 4000236385 ; (2003/11/27)

|

« 都立新大学構想 開かれた協議体制を--4大学の教員代表者が声明 /東京 | トップページ | emacs の M-x calendar で日本の祝祭日を。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

言語学関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11083/126646

この記事へのトラックバック一覧です: 書籍紹介『生成文法の企て』:

« 都立新大学構想 開かれた協議体制を--4大学の教員代表者が声明 /東京 | トップページ | emacs の M-x calendar で日本の祝祭日を。 »