« emacs の M-x calendar で日本の祝祭日を。 | トップページ | 東京都大学管理本部の進める大学”改革”に対して、「都立4大学教員が声明」TBS News-i で報道 »

USB メモリかなんかに入れて、あっちこっちで、Meadow を使う。

USBメモリっていうかリムーバブルなメディアに Meadow 一式入れて持ち歩くってのは、便利そう。

下のサイトで、そういうことを試みてる。

Meadow in a bottle

で、問題は、環境変数っていうか、HOME やら PATH やらどうにかしたいわけだが、リムーバブルなメディアは、ドライブ名がマシンによって変わってしまう。

HOME=.
PATH=.
meadow.exe

meadow.exe のあるディレクトリに上のようなバッチファイルを作り、こいつから起動することにして、カレントディレクトリを HOME と PATH に設定しても良いのかもしれないが、そうすると、.emacs などのユーザーがいじるファイルといろんな *.exe なファイルがそのディレクトリにたまっていくことになりそう。

そこで、XP なら、こんな感じ。

set HOME=%CD%\HOGE
set PATH=%CD%;%windir%;%windir%\command
runmw32.exe

Me には、%CD% という組み込み(?)環境変数が使えないので、こんな感じ。

CWD CD
set HOME=%CD%\HOGE
set PATH=%CD%;%windir%;%windir%\command
runmw32.exe

CWD は、HiRo さんという方が作ったコマンド。カレントディレクトを環境変数に入れてくれるというもの。
入手は、http://aida.myhome.cx/soft/soft.htm

で、Meadow.exe のあるディレクトリの直下に hoge というディレクトリを HOME に設定できるし、パスも、マシンに依存せずにそれなりのところに通せる。

|

« emacs の M-x calendar で日本の祝祭日を。 | トップページ | 東京都大学管理本部の進める大学”改革”に対して、「都立4大学教員が声明」TBS News-i で報道 »

emacs 関係」カテゴリの記事

コメント

私もUSBにMeadowを入れて使っています。
私の行っている方法を下に記します。
参考にしていただければ幸いです。


RunMW32.exeはUSBドライブ内の
Meadow/x.xx/binにあるとする。
(x.xxはバージョン)

Meadowフォルダ内に
emacsというフォルダを作成する。
設定ファイル.emacsをemacsフォルダ内に置く。

下記の内容のbatファイルを作成し
Meadowフォルダ内に置く。

cd emacs
set HOME=.
set PATH=../x.xx/bin
RunMW32.exe


以上です。

投稿: Meadiw User C | 2005/02/05 11:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11083/129251

この記事へのトラックバック一覧です: USB メモリかなんかに入れて、あっちこっちで、Meadow を使う。:

« emacs の M-x calendar で日本の祝祭日を。 | トップページ | 東京都大学管理本部の進める大学”改革”に対して、「都立4大学教員が声明」TBS News-i で報道 »