FireTV Stick のトラブル

夏休みだし、映画ぐらい見てもバチは当たらないかなと思い、久しぶりに Amazon の FireTV Stick を使ってみた。

ところが、「WiFi につながらない」という旨のメッセージが出てしまう。その上、リモコンがまったく効かない。

いろいろ、ググって見たりして、なんとか回復したので、メモ。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MacBook Pro (17-inch Early 2009) 蓄電池移植術

MacBook Pro 17inch (Early 2009) のトラックパッドのクリック感がないという症状があり、蓄電池肥大症の疑いがあった。そのため、先日(16日(日曜日))に表参道の Genius Bar で診てもらった。開腹していただいたところ、果たして、蓄電池に肥大の所見があり、そのまま、蓄電池摘出術を施していただく。すでに移植用の蓄電池の在庫はないとのことで、余生はデスクトップ機として活躍してもらおうかとおもったのだが。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Nexus 7が SIM の認識にほぼ確実に失敗するので、その対策。

以前から、調子は悪かったのだけど、最近、Nexus 7 (2013) がほぼ確実に SIM の認識に失敗するようになったきた。

SIM を指し直し、再起動したり、SIM のスロットのあたりを指圧したり、いろいろすると SIM を認識したりしなかったり。

NAVITIME で電車の時刻を調べようと、Nexus 7 の電源を入れても、「SIMカードが挿入されていません。再起動」となり、再起動している間に、電車が来てしまう。仕方なく電車に乗って、やっと再起動しても、SIM が認識されずを繰り返しってなことで、イライラするは、時間がもったいないは、ということで、対策を探していた。


そんな中、AMAZON のタイムセールで、SIM フリーのスマホが目にとまった。WiFiテザリングやらBluetoothテザリングやらが気になり、調べてみると快適らしい。そこで、こいつをゲットした。


» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

混成語の長さについて

元のポストが、言語学者以外の人には、取っつきにくくなったので、改めて。


元のポストはここ

まず、「混成語」とは、次のような語のことです。

ゴジラ (ゴリラ+くじら)
キャベジン (キャベツ+ニンジン)
バイナラ (バイバイ+さよなら)
バトポン (バトミントン+ピンポン)
(窪薗 (1998) より引用)

窪薗 (2008) によれば、混成語には、次の3つの特性があります。

(1) 意味のよく似た2語が混成する。
(2) 最初の語の前半ともう一つの語の後半が結合する。
(3) 結果として出来上がった混成語の長さは、後半の要素の元の長さと一致する。

さて、日本語の単語の長さを測る単位として、モーラ(もしくは拍、だいたい平仮名や片仮名の一文字分に相当する)と音節(だいたい母音の数に一致する)の2つが考えられています。

「ジン」や「トン」や「モー」や「カイ」は、モーラで数えれば、2モーラだけど、音節で数えれば、1音節となります。(モーには、長母音が1つ、カイには、二重母音が1つ入っています。)これらの音節の最初のモーラが自立拍で2番目のモーラが特殊拍と呼ばれます。

ここまでが、前提で、これを元に居酒屋の看板を見ると、「ジンギスカン」の「ジン」の部分を「トリ」で置き換えた例がありますから、「ジン」と「トリ」は、同じ長さと考えられます。音節で考えると、前者は1つで後者は2つですから、長さが合わないことになりますが、拍(モーラ)で数えるとともに2つで長さが一致します。

つまり、「ン」のような特殊拍と「リ」のような自立拍が同等に扱われているということになります。

ちなみに、英語の場合、混成語としては、下のような例があります。
これらを見ると、英語では、長さを音節で測っているということが分かります。

smog (smoke + fog)
snark (snake + shark)
spork (spoon + fork)
brunch (breakfast + lunch)
lupper (lunch + supper)
(例は、窪薗 (2008)より)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

発音記号などをキーボードビューアで入力

キーボードビューアってのは、こんなやつ。

Keyboardviewerus

これを使えば、ほかの言語の文字(特殊文字や記号を含む)が、使用中のキーボードではどの位置になるかを確認することができる。たとえば、上の画像は、US (米国)配列のキーボードで、Option キーを押したときにどんな文字が入力できるかを示している。

この仕組みは、(Unicode の)発音記号を入力するときにも役に立つ。

SIL の IPA Unicode Keyboardというサイトがあるが、そこに IPA Unicode 6.2 Macintosh Keyboard v1.5 という「キーボード」がある。

詳しくは、上のサイトにある IPA-MACkdb.dmg というディスクイメージの中の説明書を読んでほしい。

Keyboardviewerexample_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

Milkmaid: Todo-list 管理のRTM(Remember the Milk)のコマンドラインのクライアント

コマンドラインで RTM (Remember the Milk)を操作するためのコマンド。

詳しくは、下のサイトで。

http://www.rubydoc.info/gems/milkmaid/0.3.0/frames

これをインストールする過程で、Ruby では、gem という仕組みがあることを学んだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Kyoko や Otoya にニュースを読んでもらおうかと。

Yosemite をいじっていたら、say というコマンドがあることに気がついた。
(Marvericks にもあったみだいだけど、使ってみたことがなかった。)

これを使えば、Kyoko や Otoya にニュースを読ませることができる。

たとえば、下のようなシェルスクリプトをこしらえて、実行すればいい。

cron で、適当なタイミングでニュースを読んでもらうこともできるし。

GeekTool のシェルでもやってみたが、なぜか、ファイルを全部読み上げる前に、終わってしまう。なぜだろう?

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Geektool で Dilbert.com の画像を毎日、拾ってきて、Desktop に貼り付ける。

メモです。

まず、画像を拾ってくるための、shell geeklet を用意する。内容としては、次の通り。

curl で www.dilbert.com を拾ってきて、
grep で画像のある行を抜き出し、
cut で画像ファイルの url を切り出し、
redirect して、その url をファイルに格納、
そのファイルを cat したものを
xarg curl して、画像ファイルを取ってくる。

つぎに、その画像ファイルを、image geeklet で表示する。


» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Marvericks ログインパスワードを忘れた!どうしよう?

思うところがあり、iMac (Marvericks) のログインパスワードを変更した。

一夜明けて、ログインしようとしたところ、ログインができない。昨夜、酔っぱらいの状態で作業したため、新しく設定したログインパスワードが思い出せなくなっていたのだ。とほほである。

何回か(下の記事によると3回)パスワードを間違えると、「パスワードを忘れた場合は、Apple ID を使ってリセットできます」というメッセージが表示され、パスワードがリセットできる。ユーザアカウントパスワードを変更すると、新しいキーチェーンが作成される。これがまた、曲者。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Wormhole Switch JUC400

普通は、2台のパソコンを使う時、2台分のキーボードとマウスが必要だ。当たり前のことだか、机が狭かったりすると、この二組のキーボード+マウスがじゃまになる。

一組のキーボードとマウスで操作できたら、机の上が広く使えて便利。そのための Switcher と言われる装置を使うことになる。マウスのカーソルが画面の端に来たら、もう一台のパソコンの端からマウスのカーソルが現れるような仕組みの装置が以前からあった。

最近見つけた、j5create という会社の Wormhole Switch JUC400 というものは、2台のパソコンをUSB接続するだけで、キーボード・マウスが手軽に共有できる。

キーボード・マウスの共有だけではなく、クリップボードを共有して、2台のパソコンの間で、コピー&ペーストができる。さらに、ファイルを2台のパソコンの間でドラッグ&ドロップできる。

2台のパソコンは、Windows でも Mac でも構わないようだ。うちでは、マック間で試してみた。

対応 OS は、Windows 8/7/vista MacOSX 10.6/10.7/10.8/10.9

導入にちょっとだけ手間取ったので、以下メモ。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«素数ものさし関連 Golomb ruler (ゴロム定規)